スピリチュアルカウンセラー 時枝 志帆( トキエ シホ)


プロフィール

1981年東京生まれ
0歳から3歳の人格形成期を
山形県の霊的波動の強い自然豊かな地域で過ごす。
父の転勤により4歳のころ母の実家のある東京都へ
八百万の神仏の声が色濃く聞こえる環境で
幼少期を過ごしたため人より霊的な感覚が鋭く
霊的な存在がいる日常を送る。
小学校高学年から中学生の間に
霊的な存在と人との境界が薄かったため壮絶ないじめに合い人間を拒絶するようになる。
霊がいる日常をと他人の過去を無意識に透視していたため
自分の境界線も引けず霊能的に危ういと、地元神社の宮司に目をかけられ自分とは何か、神仏とは何か、霊とは何かという霊能的な知識と総合運命学(四柱推命、手相、九星気学、易経)を12歳という年齢で習得。
その後母の強い希望もあり国立の工業高等専門学校へ進学するも、相性が悪く中途退学し母の勧めでデザインの専門学校へ行くが
就職もうまくいかず、定職につけず占師をする傍ら派遣会社でのデザインの仕事をし始める。

その後結婚もするが、仕事と生活変化の影響で自律神経失調症から躁うつ病と買い物依存症を発症し
2度の自己破産と離婚を経て自分がどうして生きているのかという命題に初めて向き合い
西洋占術、タロットカード、オラクルカード、ルノルマンカード、カバラ数秘術、現代数秘術、イーチンカードなど
に加え『龍体文字』に特に強く惹かれ独自で書籍を読み漁り習得し、
描いた文字の持つエネルギーに自らも救われ、スピリチュアルカウンセラーの道へ

十数年の占い師のキャリアの中で数々学んだ中でもイーチンカード、ルノルマンカード占いと現代数秘術を術式として使用した、
霊能ベースの霊視と併せて読み解く独自のアカシックリーディングは神託と呼ばれるほど的確に未来を見通すと評判に。
この世に存在する全ての事柄から
世界の動きや時代の機微を感じ取る。

八百万の神々が鎮座するこの日本で、その恩恵を受けられない感じられないと言う相談者様のためだけに鑑定後、願いに合った龍体文字選び、神仏様の気をお借りして執筆した、お守りが人気。

【自己紹介】
長々とプロフィールをここまでお読みいただきありがとうございます。
ここで眼にとめていただいたのも、何かのご縁でございます。
私は十数年占師としてたくさんの人たちにお会いして、たくさんの悩みに接してきました。
私自身も迷路のような人生の中で『とまり木』と出会いスピリチュアルカウンセラーとして
皆さんのお悩みの役に立てる場所をいただきました。
こうして皆さんの目に留まったのもご縁だと思っています。
私はお世辞にも人に自慢できる人生を送ってきたとは思っていません。
たくさんの障害にさいなまれ正しい人生というものを見失っていた期間がとても長いと思っています。
ただ私は死を選びませんでした。そこには人との縁が沢山関係しているとおもいます。
私とのセッションやリーディングが皆様にとってそんなご縁になれるよう日々修練していきます。
機会がございましたら皆様とお会いして、たくさんのお話を聞かせてください。
『とまり木』にていつでもお待ちしております。

 

文字

龍体文字




東京で当たる占い師・スピリチュアルカウンセラー・霊能者が在籍するスピリチュアルカウンセリングサロン池袋「とまり木」

2020年03月27日